読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIVE IN KIDU‐SAKURANBO‐HOIKUEN

夏の真ん中にライブを開催します。

今回依頼したのは「ドレクスキップ」という、

北欧の伝統音楽を発端に、新しい音楽を追求し

続けている4人編成のバンドです。

そこから今回は2人が、普段なかなか出会う

ことのない魅力的な楽器と一緒に来てくれます。

 

Drakskip<ドレクスキップ>より 

榎本翔太さん(ニッケルハルパ) 

野間友貴さん(ヴィオラ、5弦ヴィオラ

 

 日時 2015年7月28日(火)

   10:00開演 40分程度  

場所 木津さくらんぼ保育園 みんなの部屋

 

注:無料でどなたでもお越しいただけますが、

  駐車場には限りがありますのでご了承ください。

 

ニッケルハルパスウェーデンの民族楽器

ニッケル=鍵盤、ハルパ=弦楽器で日本語に無理矢理

訳すなら、鍵盤バイオリン。 音は鍵盤で押さえ、

弓で弾く4本の弦と、共鳴のために12本の弦が張ってある。

そのため、一人でもホールで弾いたような広がりのある音

を出すことが出来る。 起源は14世紀と言われる古い楽器。

 

5弦バロックヴィオラ⇒現代楽器 北欧伝統音楽の世界では、

新しい楽器の開発が盛んです。 このヴィオラもその1つ。

弦を1本余分に張り、 やわらかい音色にセッティングした

独自の楽器です。